里親シンポジウム。僕の親は里親。~子どもの立場から「里親制度」を考える~

僕の親は、里親だった。
「なんで、こんなところで暮らさないといけないんだろう…」
あの頃はそんなふうに思っていた。

ブルドーザーみたいに、僕に真正面から向かってくる里親。
たくさん、たくさんぶつかった。
暴言を吐いたり、壁に穴をあけたり、家出を繰り返したり…。
授業参観では、恥ずかしいから「来るな」と言いながらも、来てくれないと寂しかった。

大人になった今、思うこと。
僕にとっては、産んでくれた親も、育ててくれた里親も、大切な存在。
里親との生活は、僕に、社会で生きていく力を与えてくれた。

シンポジウムについて

日時:2018年10月28日(日) 13:00~16:00(受付開始12:30)

会場:三重県人権センター 多目的ホール

(三重県津市一身田大古曽693番地1TEL:059-233-5501

主 催:三重県
実施:(特)三重県子どもNPOサポートセンター

  • 定員:320人(先着順)
  • 参加費:無料(事前申し込み要)
  • 申し込み〆切:10月3日(水)
13:00~13:10 ごあいさつ
三重県知事 鈴木 英敬 ビデオメッセージ
13:10~13:30 県の取組紹介(三重県児童相談センター所長 鈴木 聡)
13:30~14:20 第1部 講演「里親家庭を経験して」 講師 高橋 成貴さん
14:20~14:35 休憩
14:35~16:00 第2部 パネルディスカッション
●パネリスト
県内の里親家庭で育った方(20~30代)数名を予定しています。
●コーディネーター
浜田 進士さん(子どもの権利条約総合研究所関西事務所長 あらんの家ホーム長)

定員に達しましたので受付を終了しました。

お問い合わせお申し込み先

(特)三重県子どもNPOサポートセンター

〒514-0125 津市大里窪田町2709-1

TEL:059-232-0270FAX:059-232-0271

E-mail : info@satooyashinpo.net

お問い合わせフォームからのお申し込みはこちら

TOP